プリムラ・メガサエフォリア                      _MG_9230                                 

サクラソウ科

高山植物室 2月22日頃まで

Primula megasaefolia

サクラソウ類(属)は約500種類からなる大家族です。愛らしい花を咲かせる魅力的な種類が日本から雲南、四川、チベット、ヒマラヤ、そしてトルコやヨーロッパに見られます。 このメガサエフォリアはトルコやロシアのカフカスの松類やシャクナゲの生える苔の多い地域、小川沿い、濡れた岩場などに自生しています。濃いピンクの花を2~4月に咲かせます。自生地では蛾により受粉、よく種子が稔り繁殖していきます。大阪のような夏暑い地域で栽培できるサクラソウ属は限られていますが、本種も耐暑性のある一種です。

Primula megasaefolia is native to Turkey and Caucasus in Russia. It is found in mossy pine, beech and rhododendron forests, stream sides and wet rock. It blooms in Feb.-April. About 500 species belongs to Genus Primula. Most of the primulas are not suitable to grow in hot areas but this species is heat tolerant and suitable.