館長の部屋

日本植物園協会会員など50名がご来館

2017.06.20

 6月7日に始まった大阪市立大学杉本キャンパスでの大会は、1日目に(公社)日本植物園協会の定時総会、大会開会式、表彰式、意見交換会が開会されました。全国各地の60の植物園から163名の会員が集合されまし...

続きを読む

こんなにも沢山の変異があるヤマアジサイ

2017.06.17

咲くやこの花館では6月17,18日にヤマアジサイ、ギボウシ等の展示、即売会が開催されます。日本にはアジサイ類が14種、1亜種、6変種が見られます。その中でも変化に富んでいるのが、関東以西、朝鮮半島など...

続きを読む

大阪で日本植物園協会の総会などが開催されます

2017.06.07

咲くやこの花館のホームページがリニューアルされておよそ2ケ月になります。開花情報は季節ごとにまとめて見やすくなったと思いますが、担当者と共に種類数を増す作業も進めています。 また、咲くやこの花館のプロ...

続きを読む

トロピカルフルーツ展始まる

2017.04.29

  咲くやこの花館ではバナナ、マンゴ、パパイア、ライチー、パラミツをはじめパッションフルーツ、ジャボチカバ、ピタンガ、グアバ、スターフルーツなど多種類のトロピカルフルーツを栽培しています。なかなか...

続きを読む

植物の色

2017.04.28

                                      オオオニバス2日目の花 植物を観賞するのに大切な要素のひとつに色があります。人は花を愛で花見をしたり時には詩を詠んだりします。あの目に安...

続きを読む

イカリソウの新たなる世界

2017.04.23

イカリソウ展が4月22、23日に開催されました。約200鉢の展示品は中国植物を初めとした植物研究家でナチュラリストの荻巣樹徳氏が中国国内を駆け巡り集めたり、同定や研究をしたものです。また、船坂農園の池...

続きを読む

花のシーズンを迎える

2017.04.15

今年は大阪のサクラの開花が遅く、チューリップとともに楽しめる年になりました。チューリップといえば咲くやこの花館の高山植物室や周囲には野生のチューリップのツリパ・クリサンタなどが賑やかに、メディタレニア...

続きを読む

シュンラン(春蘭)が約180鉢、それぞれが個性的です

2017.03.24

春蘭「熊野白蘭」(写真上)シュンランは日本、韓国、中国などに分布するラン科植物で学名をシンビディウム・ゴエリンギーといいます。自然の中ではなかなか変異株は見つかりません。その多くが薄緑の花で、やさしい...

続きを読む

恩を仇で返すユキモチソウたち

2017.03.15

サトイモ科のテンナンショウ類は山道をよく歩かれる方はヘビのような姿でよく観察されることでしょう。テンナンショウ属(Arisaema)は中国、日本を中心に約150種類が分布しています。アメリカではノースカロライナ...

続きを読む

春を呼ぶ洋ラン展始まる

2017.03.15

2017年3月14日、咲くやこの花館の洋ラン展が始まりました。20日(月・祝)まで。大阪愛蘭会と神戸蘭友会の会員が丹精込めて栽培されてきた見事な洋ランがフラワーホールを彩ります。<植物園などのラン展は...

続きを読む