館長の部屋

花のシーズンを迎える

2017.04.15

今年は大阪のサクラの開花が遅く、チューリップとともに楽しめる年になりました。チューリップといえば咲くやこの花館の高山植物室や周囲には野生のチューリップのツリパ・クリサンタなどが賑やかに、メディタレニア...

続きを読む

シュンラン(春蘭)が約180鉢、それぞれが個性的です

2017.03.24

春蘭「熊野白蘭」(写真上)シュンランは日本、韓国、中国などに分布するラン科植物で学名をシンビディウム・ゴエリンギーといいます。自然の中ではなかなか変異株は見つかりません。その多くが薄緑の花で、やさしい...

続きを読む

恩を仇で返すユキモチソウたち

2017.03.15

サトイモ科のテンナンショウ類は山道をよく歩かれる方はヘビのような姿でよく観察されることでしょう。テンナンショウ属(Arisaema)は中国、日本を中心に約150種類が分布しています。アメリカではノースカロライナ...

続きを読む

春を呼ぶ洋ラン展始まる

2017.03.15

2017年3月14日、咲くやこの花館の洋ラン展が始まりました。20日(月・祝)まで。大阪愛蘭会と神戸蘭友会の会員が丹精込めて栽培されてきた見事な洋ランがフラワーホールを彩ります。<植物園などのラン展は...

続きを読む

選り取りみどりのクリスマスローズや原種シクラメンそして山野草

2017.02.25

2月24日(金)から始まった恒例の春の先駆けとも言うべき展示即売会、2005年3月1日に第一回を京都府立植物園、花の文化園と共に始めましたが今年は12年目を迎えます。東京の横山園芸からはプチドールをはじ...

続きを読む

新年を迎えました

2017.01.05

あけましておめでとうございます。 2017年が皆様に良い年であるようお祈りいたします。 咲くやこの花館では1月5日より、館内随所で新年らしい雰囲気をお楽しみいただけます。入口には英国のケールがルーツで...

続きを読む

咲くやこの花館でのひととき(2)

2016.12.07

2016年10日8日、大韓民国の中部、大田・忠清道に2013年12月に誕生した国立生態院より生物管理研究本部部長のPil-Yong Yunさんが同僚と3名で訪問されました。この生態院には生態体験館「エコリウム」と...

続きを読む

身近にある毒

2016.12.06

11月30日午後、MBSテレビより電話をいただきました。「チョウセンアサガオの話しを聞きたいので中継車ですぐに向かいます」とのこと。何か事件がといぶかっていると記者、カメラ係など5名の方が到着、18時か...

続きを読む

丈夫な蘭フウラン、富貴蘭

2016.10.30

今年の夏、フニーバオバブの観察会が4回開催されました。その際に御参加いただいた方から質問をいただきました。「ランは種子ではなく株を分けて増殖するのですね?」と尋ねられました。「何れでも増殖可能ですが、...

続きを読む

長い栽培歴史のネリネがダイヤモンドリリーに

2016.10.14

イギリス海峡にある英領のガーンジー島の海岸には野生化した球根植物が生えています。それを見たイギリスの植物学者ウイリアム・ハーバートは1820年の『カーティスボタニカルマガジン』の中で学名をネリネ・...

続きを読む