ゾウコンニャク

ショクダイコンニャクの仲間に花が

学名
Amorphophallus paeoniifolius (=A.campanulatus, A.dubius, A.sativus, A.decurrens, A.chatty, A.virosus, A.rex, A.malaccensis, A.gigantiflorus, A.microappendiculatus, A.bangkokensis, A.dixenii )
科目
サトイモ科
展示室
熱帯花木室
季節
春の植物

ゾウコンニャクは世界一縦に長い花(仏炎苞)をつけるので有名なショクダイコンニャク(=オバケコンニャクA.titanum)や普段口にするコンニャク(A.konjac)の仲間です。ゾウコンニャクの分布地は広く、中国南部、台湾、フィリピン、タイ〜インド、ボルネオ、マレー半島、ニューギニア、オーストラリア北部などですが、球茎には炭水化物が含まれるために、数百年前から主要な食物として熱帯各地に人々は広めてきました。そのために真の原産地は不明です。一例としてインドネシアではコメ、トウモロコシに次いで炭水化物として生産量が多いそうです。紫茶色の部分は付属体でその下に花がつきます。下部が雌花で、上部が雄花です。花が咲くと悪臭が周囲に漂いハエやコガネムシ類を呼びます。その際に他の株との花粉のやりとりに手を貸して貰います。当館では花期に展示をしているクロユリやガガイモ科のサイカク(Stapelia hirsuta)と同じ悪臭がします。花は匂いがし始めたので早く傷んでしまいます。

Amorphophallus paeoniifolius is called elephant yam in English. Elephant yam belongs Araceae but common yam belongs to Dioscoreaceae. A.paeoniifolius is distributed in southern China, Taiwan, Philippines, Thailand〜India, Borneo, Pen.Malaysia, New Guinea, northern Australia. But this species has been in cultivation throughout tropical areas for centuries and has been transported by human, so it is not clear the original native place. Tuber of this plant is important for carbohydrate and medical uses. In Indonesia the tubers are the third important carbohydrate source after rice and maize. The flower spike emits an odour reminiscent of rotting flesh, which attracts pollinators such as flies and beetles.

戻る

画像/咲くやこの花館
当サイト内のコンテンツ(画像、イラスト、文章、その他)の無断転載・無断使用はご遠慮ください。