タチバナアデク(カボチャアデク、ピタンガ、スリナムチェリー)

熟すと甘いタチバナアデクことピタンガ

学名
Eugenia uniflora
科目
フトモモ科
展示室
熱帯花木室
季節
春の植物

スリナム~ブラジル南部、パラグアイ、ウルグアイ原産の高さ8mになる樹木です。日本名のタチバナアデクやカボチャアデクは、フトモモ科で九州~ベトナムに分布するアデクに似ることに因みます。ブラジルの先住民はピタンガの名前を使っていますが、今では日本でも使われる名称です。ビタミンCが豊富で、生食の他にジュース、ジャム、ゼリー、アイスクリームに使用されます。原産地以外でも観賞用に持ち込まれましたが、今では侵略的外来種ワーストナンバー100にリストアップされています。

Eugenia uniflora, Pitanga is the native plants in tropical South America. Ripen fruit is sweet and high in vitamin C, so they use it for juice, jam and ice cream.

戻る

画像/咲くやこの花館
当サイト内のコンテンツ(画像、イラスト、文章、その他)の無断転載・無断使用はご遠慮ください。