名誉館長の部屋

今年も人気の花が次々と

2016.05.09

今年のゴールデンウイークは、フラワーホールで開催の「熱帯フルーツ発見」でマンゴー、レイシ(ライチー)などが美しく実っている姿や花盛りのプチイングリッシュガーデンなども楽しんで頂きました。木下大サーカスが催されていることもあり鶴見緑地も賑わっています。
 そして5月13日(金)13時~15日(日)は、みんなにこよなく愛されるバラの祭典、大阪ばら祭2016がお楽しみいただけます。当館では原種バラを主に集めてきました。一重咲きの自然の花を今後も前に押し出しますが、フラワーホールのデコレーションは、ソフトな花姿、色合いもマイルドなパステル調のお洒落なバラです。京都のおくだばらえんさん育ちのもので、品種名もつけられていないものもあり不思議なバラの世界に入ったような感じがします。温室で水耕栽培、農薬使用を避けているので花を口にしても大丈夫なそうです。それに関西バラ会の皆さんがお庭で丹精込めて栽培されたガーデンローズ、こちらは毎日コンペティションが行われ、優秀なバラには賞が贈られます。
プチイングリッシュガーデンでは、カラースキムにより白、ブルー、ピンクなどに色分けされた見頃のボーダーガーデンの宿根草とバラの花壇が新緑の中でくつろぎの場をつくります。

プチイングリッシュガーデン

一覧へ戻る