館長の部屋

台風21号、その後

2018.09.06

9月4日に関西を襲った台風21号、その上9月6日には北海道の地震と、頻繁におこる自然災害の危険にさらされています。被災された皆様にはお見舞いを申し上げます。また、台風21号の際にご心配いただいた皆様にお礼を申し上げます。

咲くやこの花館では、大温室の屋根部分の鈑金加工のステンレスが10mあまり剥がれ宙に浮いています。技術者待ちもあり、現在大温室内の通路一か所の通行止めにさせて頂いています。また、外部庭園の一部も片付くまでお待ちいただいています。ご不便をおかけしますが、入館者の皆さまの安全を第一とさせて頂いています。

他にもガラス、ドアの破損なども数か所ありました。丈夫な金属を押し曲げる風の力には驚かされました。

肝心の植物ですが、温室内の植物には被害はなく、外部庭園の元来根張りの悪い樹木や十分根付いていないものの中には傾いたものもありましたが、犠牲になる株はほんの僅かでした。復旧も栽培担当者の技術と努力で進んでいますのでご安心下さい。

なお、鶴見緑地では多数の倒木、損傷が発生しました。青粘土の場所など土壌条件などが悪い場所での長期の樹木栽培はむずかしいケースも見られます。

咲くやこの花館では、秋も元気な植物と多彩な催しもので皆様をお待ちいたします。

 

台風の爪痕

強風で損傷した大温室屋根
傾いた大切なタマリスクを起こし支柱で補強
鶴見緑地内のボタンザクラも倒れる

一覧へ戻る