熱帯から乾燥地帯、高山、極地圏までの、地球上の様々な気候帯に生育する植物を栽培展示している日本で最大の温室です。

咲くやこの花館とは?

咲くやこの花館 館長挨拶

世界の花旅を大阪でーーーーー熱帯から極地まで

kuyama_pro咲くやこの花館は、1990年4月から9月に開催されたEXPO’90「国際花と緑の博覧会」のメインパビリオンとして大阪市により建設されました。 「咲くやこの花館」では、「花の万博」のテーマでもある「自然と人間との共生」を継承し、「熱帯から極地までの広範囲の植物」を種々の手法で栽培し紹介しています。訪ねていただくだけで世界中の植物に出会える、世界的にも数少ない施設です。

館全域で、分類、進化、気候と形態、文化、有用性、栽培など植物の重要な分野が学べます。生きた教材で、大切な地球を知る体験をしていただけたらと願っています。 ヒマラヤの青いケシや日本のコマクサ、そして熱帯スイレンなどは開花調整し、一年中見られるほか、季節の花も含め約300種の花を常に楽しむことができます。

季節の花の展示会、興味深いテーマのイベントなどの開催もあります。 また、館内フラワーツアーや咲くや塾による植物の重要な情報紹介もあります。 およそ2,600種、15,000株のさまざまな植物は皆様に世界の花旅、そして憩いのひとときをお届けできることでしょう。

館長 略歴
  • 1947年 兵庫県生まれ
  • 1970年 関西学院大学文学部英文学科卒業
  • 1970~82年 (財) 国際日本研究所に勤務
  • 1970~71年 京都大学農学部(花卉園芸教室 塚本洋太郎教授)にて聴講
  • 1972~73年 英国王立キュー植物園留学
  • 1973~81年 妙高高原にて山野草試作
  • 1980~82年 那須高原南ヶ丘牧場にてロックガーデン築造~植栽に協力
  • 1982~93年 兵庫県立 淡路ファームパークの大温室、ロックガーデン、バードケージを設計から手がけユーカリ栽培からコアラ誘致までを行う
  • 1988年より 咲くやこの花館の高山植物室、ロックガーデンの設計、栽培指導
  • 1993年より 「咲くやこの花館」勤務

◆RHSJ( 英国王立園芸協会日本支部) 理事を経て、現在フラワーソサイエティー理事
◆著書『ヨーロッパ花の旅』( 創文社)、共著『朝日園芸百科』(朝日新聞)、『アンカー英語辞典』(学研)、『家庭の園芸』(新日本法規)、『山野草ハンドブック』『四季の山野草栽培』『栽培テクニック』『とことん答える800問』『趣味の園芸』(NHK出版)、『趣味 の山野草』、『栽培大事典』( 栃の葉書房 ) 、『花図鑑  球根+宿根草』(草土出版)、『ヒマラヤの青いケシ』『スイレンと熱帯の花』『花の微笑み』『六甲高山植物園』(東方出版)他

TEL 06-6912-0055 開館時間 10:00~17:00(ただし、入館は16:30まで)
休館日 毎週月曜日(休日の場合は、その翌日)及び 年末年始(12月28日から1月4日)
English Chinese Korean







PAGETOP
Copyright © Sakuya Konohana Kan All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.