熱帯から乾燥地帯、高山、極地圏までの、地球上の様々な気候帯に生育する植物を栽培展示している日本で最大の温室です。

乾燥地植物室(サボテン&多肉植物室)

乾燥地に生育する植物たちは乾燥に耐えるために独特な形に変化した植物が見られます。アフリカ(アロエ、キソウテンガイ)、マダガスカル(バオバブ、カラ ンコエ)、北~南米(サボテン)、オーストラリア(ボトルツリー、グラスツリー)などの植物を地域ごとに分けて栽培しています。

トゲのドレスでファッションショー アメリカ生まれのサボテンたち Cacti are native to north to south America and are naturalized in other areas.

mamiサボテン科の植物は、木に着生するリプサリス以外は北~南アメリカに分布します。マミラリアなど春に開花する種類が多く、トゲのある姿には似合わないような愛らしい花を咲かす種類も沢山あります。

たくましく育つアフリカの乾燥地植物 Dry areas in Africa

Welwitschiaアフリカには食料となるアロエ・ベラや4mにもなるアロエ・ディコトマなどが目立ちます。一生2枚の葉で5000年以上も生き延びるキソウテンガイ(ウェ ルウィッチア)、サボテンのように見えるユーフォルビア・アビシニカ(ランガク)はクリスマスに使うポインセチアの仲間です。

不思議の島マダガスカルの乾燥地植物 Baobab and other plants from wonderland,Madagascal

fony多種類ものバオバブで有名な大きな島ですが、アフリカ側は乾燥地、インド洋側は熱帯雨林で2つの顔をもっています。このゾーンでは乾燥地のものを紹介して います。フニーバオバブは日本では唯一の開花株で8月の19時頃に美しい花を咲かせます。ハキリアリが葉をさげて樹を歩いているように見えるのはアロウ ディアという植物、ゾウの足を思わせるキホステンマ・エレファントプスも見落としなく。







PAGETOP
Copyright © Sakuya Konohana Kan All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.