熱帯から乾燥地帯、高山、極地圏までの、地球上の様々な気候帯に生育する植物を栽培展示している日本で最大の温室です。

高山植物室

 

標高5000メートル辺りまでの高山植物が育てられるように、猛暑の夏でも20℃以下の温度に保っています。ここでは、ヒマラヤ、中国、日本、ヨーロッパやアメリカなどの地域に分け、なるべく自生地の環境に近い姿でご覧いただいています。

秘境の花 ヒマラヤの青いケシ Himalayan blue poppy

meconopsisヒマラヤから四川省にかけて見られる青いケシの仲間(メコノプシス)は、標高3500m以上に見られ、メコノプシス・ベトニキフォリア、グランディスなど の青い花から、赤のプニケア、黄のインテグリフォリアなど40種類以上に分類されます。当館では開花調整で概ね年中開花させています。

高山植物の宝庫 ヒマラヤ&中国の高山植物 Shangri La of Alpines

nomokarisu世界の屋根と称せられるこの地域のプリムラ(サクラソウ類)、ユリや近縁のノモカリス、ロードデンドロン(シャクナゲ類)、青いケシ類(メコノプシス)など国内では簡単に見られない魅力的な高山植物がお楽しみいただけます。

ヨーロッパアルプスを彩る高山植物 Sing a song of Edelweiss

soldaneミュージカルで有名なエーデルワイス、お花畑を彩るタマシャジン、イトシャジン、ソルダネラ、フウロソウ類などが季節毎にお楽しみいただけます。エコーは聞こえませんが、涼しげな風が雰囲気をかもしだします。

大阪で楽々会える 日本の高山植物 Alpine and wild plants in Japan

komasakusa高い山を訪ねて歩く、登山者の目にする世界を再現しています。
コマクサ、キタダケソウ、チングルマ、イワヒゲ、ミチノクコザクラをはじめとしたサクラソウ類、枚挙にいとまがありません。代表種は年中開花をさせています。

高い山にも出没 恐ろしい食虫植物たち
Some of the cool loving plants catch insects

Insectivore食虫植物はネペンテス(ウツボカズラ)が熱帯に見られますが、その他は温帯や寒冷地に多く、その自生地は貧栄養の水辺や湿地です。日本の山にも見られる、 一見スミレの花を思わせるムシトリスミレの仲間(ピングイキュラ)や、アメリカのコブラリリー(ダーリングトニア)などが観察できます。







PAGETOP
Copyright © Sakuya Konohana Kan All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.