カカオノキ

チョコレートの原料が

学名
Theobroma cacao
科目
アオイ科(旧:アオギリ科)
展示室
熱帯花木室
季節
周年開花

中央~南アメリカ原産の熱帯に分布、高さ10mにもなります。紀元前1900年頃から利用されています。種子を発酵させて初めてチョコレートの苦みが楽しめます。現在では原産地から遠く離れた、コートジュボアール、インドネシア、ガーナなどで生産され、1~3位を占めています。

Theobroma cacao occurs in c.-s. America. Local people started to use it around 1900 B.C. Recently production of cacao is over 3.5 million ton a year.
The meaning of theobroma is ‘food of the Gods’ in Latin and cacao is ‘bitter drink’ in Aztec language.

戻る

画像/咲くやこの花館
当サイト内のコンテンツ(画像、イラスト、文章、その他)の無断転載・無断使用はご遠慮ください。