ボーモンティア・グランディフロラ(オオバナカズラ)

イースターリリーがつる状に

学名
Beaumontia grandiflora
科目
キョウチクトウ科
展示室
熱帯花木室
季節
春の植物

ボーモンティア・グランディフロラはベトナム、タイ、ラオス、ミャンマー、アッサム、ブータン、バングラデシュ、シッキム、ネパール、広西チワン族自治区、雲南の熱帯域などに見られます。中央アメリカでは野生化しています。白でラッパ状の花は香りがあり、イースターリリーに似ていて美しいものです。ネパールトランペットフラワー、イースターリリーバインなどの名前で親しまれています。根や葉は骨折、怪我、腰痛、脚のリューマチなどの薬になります。また、つるはロープにもされます。
よく似た花をつけるラッパバナ(ソランドラ・グランディフロラ)やナガラッパバナ(ソランドラ・ロンギフロラ)はナス科のツル植物で西インド諸島に分布します。

Beaumontia grandiflora occurs in South East Asia, Assam, Bhutan, Sikkim,Nepal and Yunnan. The flower is fragrant and looks like Easter lily.

戻る

画像/咲くやこの花館
当サイト内のコンテンツ(画像、イラスト、文章、その他)の無断転載・無断使用はご遠慮ください。