ハンカチノキ

ハンカチノキは湖北から甘粛、四川、雲南に分布します。ハンカチノキには葉に毛がないビルモリニアナという変種が見られます。染色体数も違うそうです。学名のダビディはフランスの宣教師で動物学者、植物学者でもあったアルマン・ダヴィットの名前に因みます。パンダをはじめ多種類の動物、鳥の紹介を中国から欧州に行いました。その中には52種のシャクナゲ類や40種のサクラソウ属も含まれています。私も1981年日中国交回復後初めて許可のおりた四川省の峨眉山(3099m)に登頂、標高1100m辺り九老洞付近では野生のキウイとともに涼しい谷間でハンカチを目立たせていました。白く見えるのはほうで冬の間真ん中にある花をまもっています。花は受粉すると果実ができ、中には数個の種子が見られます。葉が展開すると一ヶ月ほどガス漏れのような臭いがします。青葉アルコールという成分です。この匂いは年齢により好き、嫌いがはっきりとしています。皆さんは如何でしょうか。雨風に弱いので早目にご覧下さい。英名/handkerchief tree, dove tree, ghost tree

Davidia involucrata is native to South Central and Southwest China from Hubei to southern Gansu, south to Guizhou, Sichuan and Yunnan. Davidia involucrata has var. vilmoriniana which has hairless leaf and different chromosome numbers. Latin name Davidia was named for Father Armand David (1826-1900), he was a French missionary and keen naturalist lived in China. Also he is famous for the person who introduced giant panda to Europe. He was a zoologist and botanist so he collected many kinds of new animals and birds including 52 new species of Rhododendron and 40 Primula. He found Davidia at an altitude of 2000m in 1869 and sent specimen to Paris in 1871. At Chiu-lao-tung (an elevation of 1100m) of Mt.Omei in Sichuan Davidia was obserbed at cool valley with kiwi fruit by us in 1981. Davidia is famous for its unique pure white bracts, hence the handkerchief tree in English. The leaves of this tree smell in spring. It has a hard fruit contains several seeds.

戻る

画像/咲くやこの花館
当サイト内のコンテンツ(画像、イラスト、文章、その他)の無断転載・無断使用はご遠慮ください。