開花中

レイシ/茘枝

こんなにも美しい色合いの果実を(ホール)

学名
Litchi chinensis
科目
ムクロジ科
展示室
熱帯花木室
季節
春の植物

リーチー(中国語普通話)、ライチー(広東語)、ライチ(台湾語)

レイシは基本種のLitchi chinensis ssp.chinensisが現在世界各地の熱帯、亜熱帯で栽培されています。原産地は広東、福建とされています。亜種として ssp.philippinensis がフィリピンにssp.javensisがマレーシア、インドネシアに産し、栽培もされています。レイシは常緑の熱帯、亜熱帯向きの果樹で15m程度まで育ちます。耐寒性は他の熱帯果樹と比較するとありますが、0℃から品種により−4℃位です。花は白〜黄、緑、当館では暖房をいれて冬に咲かせます。独特の香りと蜜があり、受粉のためにミツバチを栽培温室で飼育しますが、レイシの花はミツバチの大好物です。最初果実は緑ですが、約100日で美しいピンクがかった赤になります。収穫して時間が経過すると、また冷凍にすると茶色くなり、樹上で熟す美しさは想像すらできません。種子の大きさは品種により違いますが、ビタミンCの豊富な果肉は多くの人に愛されます。唐代の玄宗(685−762)は皇妃の楊貴妃(719−756)のためにレイシを嶺南(広東など)から都の長安に早馬で運ばせた話は余りにも有名です。

Litchi chinensis ssp.chinensis native to Guangdon and Fujian Province in China is popular to cultivate in many parts of the world. L.chinensis ssp.philippinensis native to Philippines is rarely cultivated. L.chinensis ssp.javensis is cultivating in Malaysia and Indonesia. Litchi is an evergreen tropical〜subtropical tree that is usually less than 15m tall and tender below –4 ℃. White, yellow or green flower blooms in winter. Bee loves distinctively fragrant flower and nectar in Sakuya’s greenhouse in the back yard. Fruit matures in approximately 100 days and fruit is usually eaten fresh. In China Yang Guifei, a concubine of Emperor Xuanzong of Tang (Emperor Li Longji) loved to eat lychee and the emperor had the fruit delivered at great expense to the capital (Chang’an) from Gungdong.

戻る

画像/咲くやこの花館
当サイト内のコンテンツ(画像、イラスト、文章、その他)の無断転載・無断使用はご遠慮ください。