ゴンゴラ・クインクエネルビス(=マクラタ)

ゴンゴラは中南米に約25種が見られる着生ランです。ギアナ、ペルー、トリニダート・トバゴに分布をします。下垂する花は地味ですが、受粉を手伝ってもらう原産地のシタバチには特別のサービスがおまけについています。ゴンゴラや近縁のスタンホペア(Stanhopea)の花にはシタバチの雌が好む香りが出ており、雌に好かれるためにそれを手に入れにきた雄のシタバチは他の株の花粉を運び、香りを貰っていきます。

Gongora quinquenervis occurs in Guyana, Peru and Trinidad. Male solitary bees are attracted by a strong floral fragrance, and pollination occurs when bees try to get the source of the fragrance. Female bees love the fragrance of Gongora, Stanhopea and so on.

戻る

画像/咲くやこの花館
当サイト内のコンテンツ(画像、イラスト、文章、その他)の無断転載・無断使用はご遠慮ください。