レンゲショウマ

「レンゲショウマまつり」まであります

学名
Anemonopsis macrophylla
科目
キンポウゲ科
展示室
高山植物室
季節
夏の植物

日本特産の多年草で、東北地方~近畿、四国地方に分布しています。例えば山梨県の八ヶ岳では別荘地そばの暗い林の中で花が見られます。また東京都青梅市の御岳山(みたけやま929m)の頂上付近には大群落があり、「レンゲショウマまつり」なるものが8~9月初旬まで開催されます。花は独特の形ですが、ハスの花に似ているのでレンゲ(蓮華)の名を貰いました。現在、白花も開花しています。

Anemonopsis macrophylla is endemic to Japan’s Honshu(Touhoku-Kinki and Shikoku Is.). Genus Anemonopsis (Ranunclaceae) contains only one species. It is found in shady forest areas. This is one of the most beautiful and elegant woodland plant. The flower resembles small lotus, so Japanese name is Renge Shoma/Meaning is lotus-Astilbe (Saxifragaceae) . In August and September Renge-Shoma festival is held in Mt.Mitakeyama (929m), Ohme City,Tokyo.

戻る

  • 画像/咲くやこの花館
    当サイト内のコンテンツ(画像、イラスト、文章、その他)の無断転載・無断使用はご遠慮ください。
  • 開花中について
    開花又は結実期間ですが、生育状況により養生中の場合があります。
    その日の展示については当館(06-6912-0055)までお問合せ下さい。