アルラ、オルル(ハワイでの名称)

絶滅が心配、ハワイの風変わりな植物

学名
Brighamia insignis
科目
キキョウ科
展示室
高山植物室
季節
秋の植物

ハワイのカウアイ島の標高500m以下に見られる固有植物で、ニイハウ島では絶滅扱いされています。乾燥した林や海の岩場などに僅かな個体数のアルラがイリマ(Sida fallax)やヒビスクス・コキオ(Hibiscus kokio)等と一緒に育っているそうです。ハワイではアルラの仲間のブライハミア属が2種見られ、何れも固有種です。DNA調査では1種のキキョウ科の植物がブライハミア属の他に固有種のロベリアやトレマトロベリアなどに分化したとされています。茎は長く、多肉質で独特の姿です。英名は棒の先にキャベツがあるように見えるのでcabbage on a stickと呼ばれています。花は秋に咲きます。絶滅の危機に瀕しているのは花粉を搬送するスズメガの一種Manduca blackburniがマウイ島では生存しているものの、カウアイ島では全滅、そのため今では植物学者等の手で人工授粉が行われています。

Brighamia insignis is native to Kaua’i in Hawaii. It belongs to Campanulaceae. By the recent DNA research Brighamia and other Hawaiian Campanulaceae such as Trematolobelia, Lobelia etc. now are believed that all were derived from single introduction. B.insignis is listed as endangered species because the pollinator, Hawaiian hawkmoth (Manduca blackburni), is extinct in Kaua’i. And it is sometimes hand pollinated by botanists to ensure seed set.

戻る

  • 画像/咲くやこの花館
    当サイト内のコンテンツ(画像、イラスト、文章、その他)の無断転載・無断使用はご遠慮ください。
  • 開花中について
    開花又は結実期間ですが、生育状況により養生中の場合があります。
    その日の展示については当館(06-6912-0055)までお問合せ下さい。

Guide map download