開花中

パキカウロス・ヌンムラリア (旧:ネオモルトニア・ヌンムラリア)

赤いフグが愛らしい

学名
Pachycaulos nummularia (旧Neomortonia nummularia)
科目
イワタバコ科
展示室
熱帯雨林植物室
季節
冬の植物

パキカウロス・ヌンムラリアは中央、南アメリカ原産の着生タイプのイワタバコ科植物です。花は愛嬌のある姿で魅力的です。同科のネマタンツスに似ますが、近縁ではありません。旧名のネオモルトニア・ヌンムラリアはモルトン(Conred Vernon Morton1905-1972)の名に因みます。モルトンは1969年コロンビア産の三種のイワタバコ科植物を携えて、アメリカのワシントンにある国立植物標本館にHans Wiehlterを訪ねました。その際にネオモルトニアと分類されましたが、最近イワタバコ科の分類が大きく見直されて、パキカウロス(属)に変更になりました。当館の2017年カレンダーの1、2月のページは旧名のネオモルトニアの表現のままとなってしまいました。

Pachycaulos nummularia is native to Central and South America.The flower is charming in the shape of red blowfish and is very lovely. It looks like Nematanthus in Gesneriaceae, but is taxonomically quite different. Neomortonia was named after Conred Vernon Morton(1905-1972).He visited the National Herbarium in Washington taking with three kinds of Gesneriaceae collected in Columbia in 1969. And Hans Wiehlter identified it Genus Neomortonia. Recently many species of Gesneriaceae were changed their genus and today Neomortonia nummularia should be called Pachycaulos nummularia.

パキカウロスの花の内部  inside Pachycaulos nummularia flower

戻る

画像/咲くやこの花館
当サイト内のコンテンツ(画像、イラスト、文章、その他)の無断転載・無断使用はご遠慮ください。