キソウテンガイ(和名:サバクオモト)

キソウテンガイの雄株、雌株の開花

学名
Welwitschia mirabilis
科目
キソウテンガイ科
展示室
乾燥地植物室
季節
夏の植物

アフリカのナミビアのナミブ砂漠に自生する不思議な植物です。大変長生きな植物で、現地ではC14(放射性炭素年代測定)で調べると2000年以上の株があります。当館の雄株は一般公開している植物園のなかでは、ドイツのベルリン植物園に次いで大きい株とされています。
雄花に比べて、雌株の花の方が立派です。

Welwitschia mirabilis is native to Namib Desert in Namibia in southern part of Africa. Checking by C14 some plants are 2000 years old. Male and female are different.

雄花と雌花

戻る

  • 画像/咲くやこの花館
    当サイト内のコンテンツ(画像、イラスト、文章、その他)の無断転載・無断使用はご遠慮ください。
  • 開花中について
    開花又は結実期間ですが、生育状況により養生中の場合があります。
    その日の展示については当館(06-6912-0055)までお問合せ下さい。