ピンポンノキ

名前の由来は卓球とは関係ありません

学名
Sterculia monosperma (旧:Sterculia nobilis)
科目
アオイ科(旧:アオギリ科)
展示室
熱帯花木室
季節
秋の植物

「ピンポン」という名前は、中国名「頻姿(ピンポー)」に由来し、英名でも「pimpom」といいます。種子の形がピンポン玉に似てなくもないですが、卓球とは無関係です。生産地では、「栗子」と呼び、クリと同じように黒い種子を焼いたり煮たりします。また、中国では種子や果皮を胃薬などの薬として用いています。

Sterculia monosperma is known as Chinese chestnut in English and is deciduous tropical nut-bearing tree. Its origin is southern China. It is now common cultivated in south East Asia. In China these nuts are one of the traditional food of the festival.

戻る

画像/咲くやこの花館
当サイト内のコンテンツ(画像、イラスト、文章、その他)の無断転載・無断使用はご遠慮ください。