アガヴェ・サルミアナ・フェロクス

数十年に一度しか咲かない花

学名
Agave salmiana var. ferox
科目
クサスギカズラ科 キジカクシ科ともいう (旧:リュウゼツラン科)
展示室
外部庭園
季節
春の植物

リュウゼツランといえば、「センチュリープランツ」といって100年に一度しか咲かないといわれる「アオノリュウゼツラン」が有名ですが、リュウゼツランの仲間(アガウェ)は、北アメリカ、中央アメリカ、南アメリカのコロンビア、ベネズエラ、西インド諸島などに300種あまり分布している多肉植物です。個体変異や地理的変異が多く、広範囲に分布することがあって分類は確立されていません。
このアガウェ・サルミアナ・フェロクスは、リュウゼツランの仲間の中でも、非常に豪快な感じのする大型種で、黄色い花を咲かせます。変種名のフェロックスは、大刺があるの意で、葉が幅広で、厳しい環境で生育するため、生長に時間を要し、また、花を開花させると枯死してしまいます。ちなみにこの種はテキーラの原料とはなりません。

アガヴェ・フェロクスの開花情報

  • 2017年6月20日

    下方にある花から次々開花し、現在ピークを迎えています。お早めにご覧ください。

  • 2017年6月27日

    お花は見頃を終え、上部までお花が咲ききりました。

戻る

画像/咲くやこの花館
当サイト内のコンテンツ(画像、イラスト、文章、その他)の無断転載・無断使用はご遠慮ください。