開花中

ミルメコフィラ・ティビキニス(=ションバーグキア・ティビキニス)

メキシコ~ベネズエラ、コロンビアに分布をするカトレアに近縁の着生ランです。以前はショーンバーグキアという属に分類されていました。カトレア、レリアとの交配もできます。そしてこの異常なまでに長い花茎は4.5mにもなった記録があるそうです。つる性植物顔負けです。同類で黄色の花のミルメコフィラ・ブリシアナM.brysianaも咲いています。6月中旬頃までご覧いただけるでしょう。

It is an ehiphytic orchid and native to Mexico to Venezuela. Flower stem extend upwards to 4.5m(max.). In the wild ants are living in the large pseudobulbs. And pack many of the paeuobulbs with debris that includes variety of dead insets, plant material. This orchid utilizes minerals of organic debris since the habitats have poor nutrient.

戻る

画像/咲くやこの花館
当サイト内のコンテンツ(画像、イラスト、文章、その他)の無断転載・無断使用はご遠慮ください。