リリウム・ランコンゲンセ

雲南の標高1800~3200m辺りに分布をする中形のユリです。花がよく似ているが白のリリウム・ドチャルティーもよく雲南で見かけます。魅力的な原種のユリが世界一多い日本ですが、ランコンゲンセのように愛らしいやや控えめの花を釣鐘状に複数輪咲くタイプものは日本では見かけません。現地ではエーデルワイスの仲間と咲いていたり、背後にゆき山が望めたりと美しい景色に出会えます。

Lilium lankongense is medium-sized lily which is native to Yunnan at an elevation of 1800 ~ 3200 m.
L.duchartrei which is similar to L.lancongense is also found in the same area. Japan is the best country for attractive lilies in the world, many lovely lilies are native to Japan,however gentle campanulate type of flower just like L.lankongense is not seen in Japan. In the native place in Yunnan this liliy grows just beside the sort of Edelweiss,viewing the snowy mountain.

戻る

  • 画像/咲くやこの花館
    当サイト内のコンテンツ(画像、イラスト、文章、その他)の無断転載・無断使用はご遠慮ください。
  • 開花中について
    開花又は結実期間ですが、生育状況により養生中の場合があります。
    その日の展示については当館(06-6912-0055)までお問合せ下さい。

Guide map download