サクララン(ホヤ・カルノサ)

サクラランはインド、ミャンマー、中国、オーストラリアなどに自生しているツル性常緑の植物です。日本産のキジョウラン(ガガイモ科)と同様にアサギマダラの食草で、アルカロイドを含み、これを食して毒のある蝶として敵から身を守ります。白~ピンクの美しい花はヒオドシチョウ(写真)も虜にしています。

Hoya carnosa is native to India~China, Australia and it's star-shaped flowers attract not only visitors but also butterflies like scarce tortoiseshell (Nymphalis xanthomelas :photo)and chestnut tiger (Parantica sita). Caterpillar of chestnut tiger eats Hoya's leaves.It produces poison.

戻る

画像/咲くやこの花館
当サイト内のコンテンツ(画像、イラスト、文章、その他)の無断転載・無断使用はご遠慮ください。