カエンカズラ

寒い季節向き 火焔の名がつく熱帯植物

学名
Pyrostegia venusta
科目
ノウゼンカズラ科
展示室
熱帯花木室
季節
冬の植物

ブラジル~パラグアイのつる性植物で、橙色の花をたくさんつけます。英名はフレームバイン(火焔の葛の意)や花型からオレンジトランペットと呼ばれています。園芸植物ですが、場所により雑草化しています。もう1種同じノウゼンカズラ科のカエンボク(Spathodea campanulata)も花が見られます。アフリカ西部原産で、英名は「アフリカンチューリップツリー」の他「森の焔」を意味する「フレーム オブ ザ フォレスト」もあります。両者の共通点は火焔(炎)の他に、熱帯などでよく殖えることです。後者はハワイ、豪州で野生化、侵略的外来種ワースト100のひとつに、日本でも環境省の要注意外来生物にあげられています。

Pyrostegia venusta and Spathodea campanulata belong to Bignoniaceae. Their flowers look like flame and former sp. occurs in Brazil~Paraguay and latter in w.Africa. Both of them are easily naturalized in tropical areas.

戻る

画像/咲くやこの花館
当サイト内のコンテンツ(画像、イラスト、文章、その他)の無断転載・無断使用はご遠慮ください。