開花中

ニンファエア・ミクランタ

アフリカ原産のこの白っぽい熱帯スイレンは、他の原種の持たない特徴があります。ヤマノイモは種子とむかごで繁殖しますが、それと同じように葉の真ん中にむかごができるのです。そして今はかわいい小さな葉のようなものがついているだけですが、これからは親と代わらない姿の子株が葉上に鎮座します。どのように成長、そして親子の別れはどうなるかご覧ください。
ミクランタの血をひく「ドウベン」、「バグダッド」などの品種もむかごができます。

Nymphaea micrantha is native to the tropics of West Africa. It has a bulb structure on the leaf. Propagation is done by seeds and bulblets. Usually it grows to a height of 20–80 cm.

戻る

画像/咲くやこの花館
当サイト内のコンテンツ(画像、イラスト、文章、その他)の無断転載・無断使用はご遠慮ください。