オールスパイス

キューバ、ドミニカなどの大アンティル諸島、メキシコ南部など中米原産のオールスパイスは高さ10~18mになる灌木です。果実や葉が香辛料になりソーセージ、ソース、カレーなど様々な利用法があります。Allspice(全てのスパイス)の名は重要なスパイスである、シナモン、クローブ、ナツメグの3種の香りの集合の意味で、17世紀初頭に英国人がア考えたとされます。花は白で小さなものです。雌雄異株で残念ながら1株では果実はできません。

Allspice is native to c.America. It is an evergreen shrub and reaches height between 10-18m. Meaning of allspice was thought the flavor of cinnamon, nutmeg and clove by the English in 1621. It is an ingredient in jerk seasoning, sausage preparation and curry powder.

戻る

画像/咲くやこの花館
当サイト内のコンテンツ(画像、イラスト、文章、その他)の無断転載・無断使用はご遠慮ください。