アロイデンドロン・ラモシシムム×ディコトムム

ナミビア原産のアロエの仲間

学名
Aloidendron ramosissimum x A.dichotomum
科目
ススキノキ科
展示室
乾燥地植物室
季節
冬の植物

アロイデンドロン・ラモシシムムは、アロイデンドロン・デイコトムムを2m位に低くして、灌木状にしたようなものです。花はそっくりなので、分類上デイコトムムの亜種(A.dichotomum ssp.ramosissimum)に扱われてもいます。自生地はナミビアでデイコトマと重なっている地域もあります。当館ではデイコトムムとラモシシマを交配したとされるものも良く育っています。

Aloidendron ramosissimum is similar to A.dichotomum, but bushier and shorter in stature, rarely exceeding 60 centimeters in height.
It might not be a distinct species; it has been treated as a variety and a subspecies of A. dichotomum. In Namibia two species are native to same area.

戻る

画像/咲くやこの花館
当サイト内のコンテンツ(画像、イラスト、文章、その他)の無断転載・無断使用はご遠慮ください。