オーストラリア原産の野生ハス

原産地のオーストラリアにおいて重要な食物源として扱われ、茎根や蓮の実を料理して食用とします。蓮の実は粉にひき、小麦粉と同様に調理して食します。また、葉や茎から粘液性のあるジュースを絞り、下痢などに効果のある薬として使用します。
オーストラリアでは北部や北東部の暑い地帯で育っているので、年中葉があります。当館のロータスガーデンでは、28℃の水温で栽培していますので、葉は常緑で葉花春から秋と長い期間開花します。日本のように冬の寒さで休眠しないので蓮根は大きくなりません。当館の本種は、蓮文化研究会理事千島秀元氏より蓮の実を御恵与いただき育成したものです。

Nelumbo nucifera occurs in Iran, India , China, Russia(Amur) and Australia(northern, northeastern parts). N.nucifera native to Australia started to bloom and maybe it keeps the flowers until autumn. Native place is hot all the year round. Our pond growing N.nucifera and tropical water lilies is kept 28℃ just like native place in Australia.

戻る

画像/咲くやこの花館
当サイト内のコンテンツ(画像、イラスト、文章、その他)の無断転載・無断使用はご遠慮ください。