開花中

カイドウツバキ(ハイドンツバキ)

ベトナム北部の亜熱帯の樹林下などの暗い場所に生えるツバキの仲間です。花は桃紅色で6弁以上で半八重に見えます。葉はキンカチャやチャに似ています。
新葉が展開する時は銅色を帯び、その後濃い緑になります。日本には珍しいツバキとして1990年代後半に導入されましたが、寒さにやや弱く関西では室内栽培となります。ベトナムでのhai duongの名を日本の音にしてハイドンやハイドゥンと呼ばれます。ベトナムのテト(旧正月、1月下旬~2月初旬で年により変わる)にはこの花が使われるそうです。花は12月中旬から1月初旬まで順に咲いていくでしょう。

Camellia amplexicaulis is native to the subtropical forest in northern Vietnam. it is the relative to the tea(Camellia tea)and C .chrysantha. This flower is decorated for new year day in Vietnam.

戻る

  • 画像/咲くやこの花館
    当サイト内のコンテンツ(画像、イラスト、文章、その他)の無断転載・無断使用はご遠慮ください。
  • 開花中について
    開花又は結実期間ですが、生育状況により養生中の場合があります。
    その日の展示については当館(06-6912-0055)までお問合せ下さい。