館長の部屋

ボルネオの自然、そして現状を知ろう

2019.08.02

虫を食べる植物展に続いて写真展「生命の楽園ボルネオ」が始まりました。フォトグラファーの阿部雄介氏の作品120点が、展示室をボルネオの生命観みなぎる空間にしています。ボルネオの熱帯雨林は、生物の多様性のセ...

続きを読む

ちょっと気になる植物たち

2019.07.02

暑さに弱い食虫植物コブラリリー(Darlingtonia californica) アメリカの西部、カリフォルニアやオレゴンの山地で冷水の流れる辺りに育つコブラリリーは食虫植物好きな方には興味深い種類ですが、夏暑くなる場所で...

続きを読む

バラとサクラ、日本ではトップ争いの人気者です。

2019.05.11

  バラの魅力は花色の豊富なこと、花形や花のサイズも様々、そして香りも魅力のひとつです。これらエッセンスを集約させたのが、大阪ばら祭り2019です。  ...

続きを読む

花茎3mのガイアリリーが咲き始めています。ハンカチノキなどなども楽しめます!!

2019.05.02

ガイメアリリー(Dryanthes excelsa)はドリアンテス科(旧:リュウゼツラン科)に属す単子葉植物で、アヤメ科に近縁のクサスギカズラ目の植物です。リリーの英語の名がついていますが、スイレンをウオーターリリー...

続きを読む

フラワーホールが熱帯に!

2019.04.29

   ...

続きを読む

イカリソウの世界は無限

2019.04.03

              日本にはイカリソウ類が5,6種そして変種、亜種それに各種間の自然交雑品など様々な姿のものが見られます。多種類見られるのが中国、その他朝鮮半島、ロ...

続きを読む

咲くやこの花館も梅の花

2019.04.03

新元号が「令和」に決まり話題になっています。万葉集(760年頃)の序文が典拠ですが、大伴旅人の邸宅(太宰府)に集まって宴会が開かれた際のことで、その序文は「折しも、初春の佳き月で、空気は清く澄みわたり、...

続きを読む

咲くやこの花館に「蘭花譜」が

2019.03.15

現在、当館の展示室にてご覧いただいている、ランの花の版画ですが、4月4日には終了を迎えます。(株)智光の萩原俊彦会長には大切な版画を快く展示に使わせていただき、感謝いたします。 大阪の実業家加賀正太郎氏...

続きを読む

ラン尽くし!咲くやこの花館へ

2019.03.15

「春の洋ラン展」ではカトレア類、パフィオペディルム、デンドロビウムなど200点あまりのランがフラワーホールを彩っています。大阪愛蘭会の会員の皆さんの愛培品で、1991年10月の第1回目から数え、当館での第5...

続きを読む

水郷の町福岡県柳川にて

2019.03.01

観光で賑わう柳川、水路やその周辺は昔ながらの景色を残していて舟で巡るもよし散策もよしです。その町の住人、シドニー大学名誉教授(専攻:都市デザイン)の英国人、バリー シェルトン先生そして奥さんの岡山恵美...

続きを読む