イベント情報

春蘭展

開催期間 2022年3月19日(土)~3月21日(月・祝)

日本の山野に自生する地生ランで、江戸時代から変異品種が栽培されており、透き通るような上品な花を咲かせます。愛好家の育て上げた貴重な春蘭を多数展示します。
なにわ蘭友会会員の余剰苗の販売会も開催!

 

〇春蘭について

春蘭は古くは聖武天皇の時代(724年~)に唐から中国蘭が献上されたという記録があり、以来、貴族や武士、僧侶などの間で愛されてきた歴史があります。室町時代に入ると春蘭、寒蘭といった日本の蘭が江戸時代に花開き将軍家をはじめ武士階級や富裕層の間でもてはやされてきました。また、春蘭は北海道から九州まで日本全国の比較的明るくやや乾燥気味な民家近くの林に自生し、そこでは通常「ジジババ」「ホクロ」等と呼ばれています。その中から選別された花、葉柄等の変化に富んだ種類を春蘭として区別しています。

 

なにわ蘭友会会員による販売会

会の皆さんが手塩にかけて育てた苗が登場!

春蘭、富貴蘭、長生蘭、山野草等の販売を行います。

日時:3月19日(土)~21日(月・祝)
※なくなり次第終了


■花の交換会(オークション)
日時:3月21日(月・祝)13:00~
※どなたでもご参加いただけます

 

 

休館日:月曜休館(休日の場合は翌平日)
時 間:10:00〜17:00(入館は16:30まで)
会 場:咲くやこの花館 2F展示室
参加費:無料(別途入館料
共 催:なにわ蘭友会

 

戻る