イベント情報

夏の風物詩~つりしのぶ 展示・販売会~

開催期間 2022年7月9日(土)~10日(日)

夏の風物詩 つりしのぶとは…

江戸時代、東京・深川辺りに住んでいた植木屋さんによって、出入りしていたお屋敷に涼感と風情を楽しんでもらおうと考案されたのが始まりです。
軒先に吊るされたつりしのぶの心和らぐ風情が評判となり、やがて全国に広まっていきました。歴史ある希少な伝統工芸植物です。

 

現在、つりしのぶを専門に作る農園は全国に2軒のみ、関西では唯一であるつりしのぶ園です。

 

伝統的な夏の風物詩、約50点の展示・販売会と講習会をお楽しみください。

 

時 間:10:00〜17:00(入館は16:30まで)
会 場:
咲くやこの花館 2Fフローラルサロン
協 力:つりしのぶ園

 

※富貴蘭展はこちら

つりしのぶ作り方講習会

日本特産農産物協会「地域特産物マイスター」、

つりしのぶ園園主 市原誠氏によるつりしのぶ作りが体験出来ます。

約10cmの玉型のつりしのぶを作成。

(南部鉄器風鈴は別料金 800円)

 

日 程:7月9日(土)・7月10日(日)

時 間:9日(土)①11:00~13:00/②14:00~16:00

    10日(日)①10:00~12:00/②14:00~16:00

定 員:各回10名

会 場:2Fフローラルサロン

参加費:3,000円(別途入館料

申込・受付:お電話にて先着順(6/9(木)10:00~より受付開始)

※小学校3年生以下の方には要付き添い、小学校4年生以上の方の付き添いには参加費を頂戴いたします。

 

★予約電話時にお選びください

①日本産つりしのぶ(落葉)…夏は風に吹かれてそよぐ青葉を、秋は紅葉と、四季折々の顔をお楽しみいただけます。

②常盤しのぶ(常緑)…冬も落葉せず、一年中青々とした葉を楽しめます。

 

アイコン説明

アイコンはそれぞれ下記の内容を示しています。

  • 毎日期間中毎日開催
  • 無料参加費無料(別途入館料が必要)
  • 特別特別イベント

お問い合わせ窓口

咲くやこの花館

〒538-0036 大阪市鶴見区緑地公園2-163

電話:06-6912-0055

FAX:06-6913-8711

開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)

休館日:月曜休館(休日の場合はその翌平日)及び 年末年始(12月28日から1月4日)

戻る